2017年1月23日月曜日

森下幹人はたまにアニメ映画も見る

映画と言うと多くの人がイメージしやすいのは、現実の俳優が役を演じている、いわゆる実写作品ではないでしょうか。もちろん日本はアニメ大国と言われているので、毎年かなりの本数のアニメの映画作品が上映されているのですが、いわゆる映画好きと言われている人の中には、アニメに対して偏見を持っている人が少なくないようです。そういった人たちの中には、実際の俳優の演技ではなく、簡略化された絵の連続に過ぎないアニメは、映画としては価値が低いとまで言う人がいます。しかし森下幹人は、決してそのようには思いません。

森下幹人が見ているのは、確かに実写作品の方が圧倒的に多く、アニメ作品はたまに見ることがあるかな、といった程度です。でもアニメには実写では表現しきれないものを形にできるという魅力があると思います。いかにCGが発達して、例えば未来やファンタジーの世界などを昔よりもリアリティー豊かに再現できるようになったとは言っても、登場する人物から背景、小道具など、全てを自由自在に描くことができるアニメと比較すると、全体的な世界観や表現技法などの色々な部分で違いが生じるのは当然のことです。つまり自分はどちらが好きかという話であって、どちらが優れているかと言うものではないはずなのです。

ただ森下幹人としては、最近の進歩した技術を駆使して作られた3Dアニメよりも、昔ながらの2Dアニメの方が好みなので、特に海外のアニメ作品に関しては、昔のものを見ることの方が多いです。

2017年1月17日火曜日

森下幹人はシュールなのものなどのアート映画も好き

映画のおもしろさには色々なものが考えられますが、ストーリーが何よりも大事だという人は、けっこう多いのではないでしょうか。確かに森下幹人も、よく練られたストーリーの作品を見るのは大好きですし、時には予想を超えて二転三転するストーリー展開にグッと引き込まれてしまうことはめずらしくありません。最後にきっちりとしたオチが提示されるような、良くできたストーリーの作品を見た後の満足感はとても大きなものがあります。

とは言え、例えストーリーは破たんしていると言えるレベルであったり、さらにストーリーらしいストーリーがないような映画の中にも、森下幹人が心を掴まれる作品はたくさんあります。例えば映像感覚がシュールなものであったり、その監督ならではの独特の映像表現が見られたり、映像と音楽の
相乗効果で胃世界的な感覚に包まれたりするようなアート映画も大好きなのです。

映画というものは娯楽であることは当然なのですが、映像で色々なものを表現できる、芸術の側面があるのも確かでしょう。その芸術の側面を追求していく中で、ストーリーではなくそれ以外の部分に力を入れることを選んだ作品は、多くの人が好んで見る大ヒット作にはなりにくいものではあります。しかし多くのファンの心を掴んで、カルト的な人気を長い間保ち続ける作品は少なくありません。またアート作品には、例えばアメリカやヨーロッパ、アジアの国々、そしてもちろん日本など、その制作国の独特の雰囲気が色濃く表れるという魅力もあると思います。

2017年1月12日木曜日

森下幹人は大衆向けの映画も好んで見る

映画好きというと大衆向けの作品は好まないというイメージがあるかもしれませんが、森下幹人は好んで一般の人が見るような作品も見ています。

確かに一般人に受ける内容というのはありきたりな展開であって面白みに欠ける部分はあることは否めませんが、その一方で作品を盛り上げるための王道的な流れというのがしっかりとありますから、映画好きであっても楽しむことができますし、ある意味多くの人に受ける作品こそが王道ではないかと感じる部分もあります。

映画というのは基本的には娯楽のためのものですから、多くの人に受けることが大切であり多くの人に取って面白いと思える作品を作る必要があります。

それを地で行っている大衆向けの作品は簡単にできるように見えて難しく、映画の本質というのが詰まっているのではないかなと森下幹人は考えています。

このような王道の作品を見るからこそ傍流の作品も楽しく見ることができるわけで、流行りの作品を見るというのは決して悪いことではないのではと思います。

やはり、面白くなければ多くの人に受けるわけがありませんから、大衆向けの作品というのはできが良いわけでそのような作品を避けるというのは勿体無い気がします。

最も有名な作品は何時でも見る機会があるということで後回しになってしまうということはありますが、あえて避けるようなものではないですよね。

森下幹人はマニア向けの作品も好きですが、大衆向けの作品も好んでみています。

2017年1月6日金曜日

森下幹人の週末は映画三昧で終わる

映画好きの森下幹人にとって週末というのは、思う存分に映画を見ることができる時間となるので毎週楽しみで仕方ありません。

金曜日の晩から三本程度の作品を見て、翌朝からは晩までずっといろいろな作品を見ています。
週末はテレビでも映画が流れていることが多いので、自分で選んで借りてきたDVDに加えてテレビで放送されているのを見て楽しんでします。

自分で選んできたものというのは、見たかったものですから楽しく見ることができますし、テレビで放送されているものはそれはそれで、自分ではなかなか選ばないような作品が放送されていたり、過去に一度見たものを見返すチャンスだったりするのでこれはこれで楽しいものだったりします。

一本の作品で大体二時間近くあるわけですから、気づいたときにはあっという間に夜になっていて週末が終わっているということもしばしばです。

週末最後の作品を見るともっと見たいという気持ちになったりする一方で、来週はどのような作品を見ようかと考えたりもするのでそれもまた楽しみのひとつだったりします。

映画だけで週末が終わってしまうのはつまらなくないのかと思われるかもしれませんが、森下幹人にとってはこれが一番の趣味ですからつまらないと思ったり、もったいないと思うことはありません。
ただ、他にもやりたいことはたくさんありますからもっと時間がほしいと考えることはあります。

それでも時間が増えたら増えたで、結局映画三昧になるでしょうね。

2017年1月2日月曜日

森下幹人はアクション映画を吹き替えで見るのが好き

森下幹人は色々なジャンルの映画を見ようと心がけているのですが、どうしても好んでみるジャンルにはある程度の偏りが生じてしまいます。その好きなジャンルの一つにアクション物があって、ストレスが溜まっていいてその解消を図りたい時、疲れていてあまり頭を使わずに映画が楽しみたい時などには、無性にアクション物が見たくなることがあります。

アクション物の魅力は、映画そのものの魅力と言って良いかも知れません。もちろんストーリーやセリフへのこだわりも大事ではあるのですが、小説やマンガなどと異なる映画ならではの魅力は、やはり動きのおもしろさだと言えるでしょう。またテレビドラマでは予算や時間の関係で実現できないような、迫力のあるシーンを見せられるという点も魅力です。そういった魅力が最もよく表れているのが、アクション物だと思うわけです

体や心が疲れている時には、映画館にまで足を運ぼうとはなかなか思えないので、レンタルDVDで見ることの方が比較的多いのですが、その場合にはできれば吹き替えで見たいと思うことも多いです。なぜなら俳優やスタントマンが一生懸命頑張って、危険なシーンやスピード感のあるシーンを作り上げているのに、字幕に目が行ってしまってそういった見せ場を見逃してしまうともったいないと思うことがあるからです。

さらに言うなら、日本の声優さんのレベルが高いという点も、吹き替えで見たくなる理由となっています。森下幹人は字幕で見るのももちろん好きではあるのですが、字幕にこだわって吹き替えを否定するつもりはないということです。

2016年12月28日水曜日

森下幹人が最近みた映画について。

森下幹人が最近見た映画の一つが、『凶悪』です。決して新しい作品ではありませんが、過去の事をメインに描かれているので、いつ見ても古さを感じさせない作品だと思います。キャストを見た地点で、とても癖があると思っていましたし、実話を基に作られていると知っていたので、現実にどのような事件が起こったのか、とても興味がありました。

死刑囚の告白から、ストーリーが展開するのですが、死刑囚になっていると言う事は、それなりの罪を犯していて、更に罪を告白している事に、大きなショックを受けました。単なる映画だと思うと、それほどの衝撃は無いのですが、実際に起こった事だと想像すると、悲しみや苦しさを感じました。

森下幹人が知らない世界にいる人達は、本当にこのような生活をしてるのかもしれません。この物語に似た事件を、最近のニュースで見聞きしました。映画は楽しむ物でもありますが、同じ過ちを繰り返さないためや、社会に問題を投げかける手段の一つでもあるのだと思いました。

映画としては、フィクションと考えても、緊張してしまう場面の連続でした。比較的、森下幹人は実話を基にした作品を見る傾向が強いです。どこまでがノンフィクションで、どこからかフィクションなのか曖昧ですが、俳優陣の生々しさは映画ならではだと思います。ファミリーやカップルで楽しく見る作品ではありませんが、一度は見ておくと良いと思いますよ。体調もメンタルも万全の時に。

2016年12月21日水曜日

森下幹人は昔のホラー映画を見るのも好き

森下幹人は新しい映画だけではなく、昔の映画もよく見ているのですが、その昔の映画のジャンルでSFと共に好きなのがホラーです。

最近のホラー映画には、もちろん優れた内容のものもあるのですが、中にはCGに頼りすぎていたり、モンスターの姿がはっきり見えるとチャチに映るから、臨場感を出したいからと画面を妙にぶれさせたりして、昔の作品にあったワクワク感がなくなってしまっているものもあるように感じます。

森下幹人が昔のホラー映画が好きなのは、その時代によって作風の変化が楽しめるという点が大
きな理由となっています。例えば1930年代のモノクロ作品は、直接的な残酷描写ができないこともあり、画面の陰影にこだわって恐怖感を盛り上げようとする演出が多いです。1960年台になってくると、流血シーンを売りにした作品や、それまでのブードゥー教によって生み出されるゾンビではない、いわゆるモダンゾンビが登場する作品など、現在のホラー映画に通じる流れが登場してきます。さらに1970年代になってくると、特にアメリカでは世の中の暗い世相を反映してか、独特の暗い雰囲気が流れており、そこが逆に見ていて心地良く感じられる作品が数多く登場してきます。

ホラー映画と言うと、悪いイメージを抱く人も中にはいるようですが、森下幹人はそうは思いません。ホラー映画は恐怖に立ち向かう主人公を描く作品が多く、そういった作品は、どんな困難に陥ってもくじけずに、一生懸命頑張ろうという意欲を与えてくれるものだと思うからです。