2017年10月10日火曜日

森下幹人が映画「ダンケルク」を見た感想

ダンケルクは「インターステラー」や「ダークナイト」、「マン・オブ・スティール」で有名なクリストファー・ノーラン監督が第二次世界大戦の「ダイナモ作戦」を題材に作り上げた戦争映画です。
森下幹人はインターステラーもダークナイトも大好きなのでもちろんチェックしました。

この映画のすごさはたくさんありますがその最大のものは、ダイナモ作戦という題材そのものにあると森下幹人は考えます。
何故ならこのダイナモ作戦はイギリス人が大勝利をおさめる話ではなくむしろその逆、イギリス、ベルギー、カナダ、フランスから成る連合軍がフランスのダンケルク海岸でドイツ軍に包囲され命からがらに逃げ出す話なんです。

この1点だけ見てもダンケルクが従来のハリウッド映画とは全く違う視点から創られていることが分かります。
ダンケルクのストーリーはとても静かです。
銃声、爆撃、船の爆発炎上といった戦争映画のよくあるシーンがきちんと挿入されているのに、それはどこか遠くに落ちた雷のような距離感で、次々と犠牲になっていく兵士たちも唐突な災害に遭遇したかのようにして死んでいきます。

この不思議な感覚は実際に見た人でないと分からないものでしょう。
きっと戦争映画なんてもう見飽きたよという人にも必ず新鮮な驚きと感動が生まれるはずです。
森下幹人もこの難しい作品を完璧に理解できた訳ではありませんが、それでも流石はクリストファー・ノーラン監督だと満足しました。

2017年10月5日木曜日

森下幹人は映画館でジュースをこぼす人を見ました

森下幹人はディズニーやピクサーなどのアニメーション映画も好きでよく観ますが、話題の作品だということで『君の名は』を観に行った時の話です。この映画は封切りしてから徐々に動員数が増え、あっという間にロングラン上映が決まった作品です。

その日は朝から出かけたので満員ではないものの、かなりの人数が来ていました。斜め前の親子が目に入ったのは座席に落ち着いてしばらくしてからです。小学生くらいの男の子とお父さんの二人組で、おおきなポップコーンとジュースを持っていたのが見えました。自分はコーヒーを片手に持っていましたが、食べ物は買いませんでした。


近頃は上映前の少しの間に売店の人が飲みものや食べ物のオーダーを聞きに来ることがあります。この日も何人かはその場でオーダーをしていたので、従業員の人が出たり入ったりしていました。しばらくして会場の照明が落とされ、まずはこれから上映予定のCMが上映されます。

その時に目の前のお父さんがあろうことかジュースを下に落としてしまっていました。しかし隣の男の子は必死に画面を観るばかりでお父さんが少しかわいそうになってしまいました。手持ちのポケットティッシュを「良かったら使ってください」と渡すと、周りの人も同じようにポケットティッシュを渡していました。

お父さんは「すいません、ありがとうございます」と何度も頭を下げています。その声でようやく男の子も異変に気付き、慌てて座席を離れて行ったかと思えば従業員の人を連れて戻ってきました。

幸いなことに本編の上映が始まって少ししてから、親子は少し離れた場所の空いていた座席に案内されて映画を楽しむことが出来たようです。森下幹人はあの男の子の集中力はすごいなと思いました。

2017年9月29日金曜日

森下幹人は映画をDVDでもよく観ます

森下幹人は映画を観ることが好きです。学生の頃から、小遣いがあればちょくちょく映画館に足を運んでいました。今でも大きなスクリーンで観る映画は好きですが、DVDをレンタルして観ることも多くなっています。

 例えば洋画を観る場合は、断然字幕の方を観ていたのですが、DVDになると吹き替えのバージョンも同じディスクで観ることが出来るのでお気に入りのアクション物だと吹き替えの方が映像に集中出来るからです。最近は映像のクオリティやレベルが凄すぎて、字幕を読んでいたら良いシーンを見逃してしまうこともあるので、あえての選択肢なのです。

森下幹人は他のジャンルでもよく観ますが、泣けるヒューマンドラマだと自宅で一人で観たほうが自分が泣いていても恥ずかしくないからです。映画館で泣くのは少し恥ずかしいと思って涙が出そうになるとグッとこらえようとするので、自宅ではワンワンと泣いている次第です。

大きなスクリーンや重厚な音響がなくても、自宅の液晶テレビでも十分なほど、今のDVDは綺麗に映ります。ブルーレイの再生機器もありますが、少し前まではあまり種類がありませんでした。しかし最近ではブルーレイ化も多くなってきたので、一度ブルーレイも試してみようかと思います。
人生を豊かにしてくれる物語は、やはりいくつになっても面白いです。若者の間ではネット動画のほうが流行っていますが、映画の良さも知ってくれればいいのにな、と思っています。

2017年9月23日土曜日

映画ジオストームを見た森下幹人が心配する自然災害

2018年は、アカデミー賞監督賞を女性で初めて受賞したキャスリン・ビグローのデトロイトや鬼才マーティン・マクドーナー監督が手掛けトロント国際映画祭で観客賞を受賞したスリー・ビルボード、姪っ子が見たがっているパディントン2などの話題作が目白押しですが、冬らしく無い暖かな気候や忘れていたかの様に降り積もる雪など11月末から続く異常気象が気になっていたので天候災害をテーマとしたジオストームが気になり、森下幹人は1人淋しくシネコンの端っこの方で鑑賞して来た次第です。

ジオストームは、世界各地で発生する干ばつや砂漠化、ハリケーンなどの自然災害を抑制する為に打ち上げられた気象コントロール衛星ダッチボーイが暴走してしまい、世界規模で発生している未曾有の自然災害に立ち向かう人々の姿を描いたディザスターパニックアクションです。
ジオストームは、テレビCMでも大津波の襲来と共に大津波すら一瞬で凍りつかす寒波が水着姿の女性の彼が凍ってしまうシーンが印象的ですが、作品内では異常な高温気象に見舞われた香港で多くの人々が焼死するなど考えさせられるシーンの多い映画です。

しかし、ダッチボーイの不具合を隠し通し責任逃れをしたいアメリカ大統領アンドリュー・パルマの指示でホワイトハウスの暗躍が全ての災害の原因である事から現在の北朝鮮情勢を重ね鑑みてしまい、ジオストームのアメリカ大統領の様に愚かな決断をトランプ大統領が下したらとも考えてしまいます。

映画ジオストームは、天候までもコントロールする人間の傲慢さと歴史上数え切れないほど繰り返されて来た権力者の身勝手さが問題視されていますが、森下幹人は昨今の地球の磁気の低下に起因する気温低下や地球の磁気がゼロとなる事で南極と北極が入れ替わるポールシフトによる天変地異の発生が気になります。また、森下幹人は、国内では3連動の南海トラフ地震よりも日向沖までの4連動地震が心配です。

2017年9月15日金曜日

森下幹人は映画のチケットをよくもらう

森下幹人が映画好きだということは、周りの人がみんな知っていることだけあって、美味しい思いをできることも少なくありません。
映画のチケットというのは、人によっては結構もらったりすることがあるらしいのですが、実際にシアターに行ってまで見るのは面倒だったり、興味のない作品だからと言ってそのままになるケースがあって、そのような使わなかったチケットが森下幹人のもとに回ってきます。

別に催促をしたことがあるわけでもありませんし、相手が映画に興味が無い場合特別話題に出したこともないのですが、何故か自分のところに声をかけてくれてチケットをくれるので助かっています。

洋画、邦画問わずにどのような作品でも見ますからただでチケットを貰うことができるというのはありがたい話で、ちょうど見たかった作品のものをもらうことができることもあって、年間で結構な金額が浮いています。

実際にチケットを買うとなると、1000円ちょっとはしますし通常料金では2000円ぐらいかかるだけに、チケットを貰うことができれば、それだけお金が浮くのでこれほど嬉しいことはありません。

くれる相手からしてももともと見に行く気がなかったら、無駄にするよりも人に上げたほうがマシぐらいの気持ちで気軽にくれているので、ありがたく受け取っています。
たまにお礼に食事をごちそうしたりはしていますが、それでも圧倒的に浮いたチケット代の費用が大きいので、良い人たちに恵まれたと感じます。

2017年9月5日火曜日

もっと映画に頑張ってほしいと願う森下幹人

最近親戚の女の子から素晴らしいドラマと映像作品を紹介されてショックを受けている森下幹人です。
その子はまだ若く、流行に対して無関心なところがある独特な女の子ですが素晴らしい作品を見つけ出すセンスは前々から森下幹人は認めていました。ジョージ・オーウェル氏の著書「1984年」や平凡社が発行した「日本残酷物語」など面白い本を彼女から紹介してもらっていたので「前から気になっていたドラマを録画してまとめたんだ」と言って録画したDVDを渡してくれた際はワクワクした気持ちがありましたが、一方で「映像作品なら映画の方が面白いぞ」と若干舐めていた気持ちもありました。

そして結果は先述した通り心の中の舐めていた態度が申し訳ないと思えるほどに衝撃を受ける事になりました。
内容はドラマ「寂しい狩人」にBSプレミアムで放送されたという「シリーズ横溝正史短編集・金田一耕助登場」や「シリーズ江戸川乱歩短編集・1925年の明智小五郎」です。
はっきり言って、最近見て「面白い」と思った映画よりも面白かったです。

一応ジャンルはドラマなのであまり長く語るとブログのテーマから外れるため、感想は簡単に済ませますが是非再放送された際はチェックしてほしいほどおすすめです。そのうえで洋画や邦画を問わずに「もっと演出を頑張ってほしい」と物申したいです。おすすめされたドラマは全て演出が素晴らしく時間を忘れるほど魅入られる物語ばかりでした。俳優さんの人気や物語のストーリーに頼らず、独特な演出とセンスで作品を手掛けて欲しいと願わずにはいられなくなりました。

2017年8月22日火曜日

森下幹人は甥っ子と一緒にアニメ映画を見に行きました

森下幹人には姉がいますが、姉から用事があるので甥っ子を預かってほしいとお願いされました。ちょうど会社が休みの日だったこともあり気軽に請け負いましたが、小学校4年生の子供のパワーを侮っていました。宿題を持参してきたので、机に座っている間は大人しかったのですが、宿題が終わると部屋の中を走り回るので困ってしまいました。

下の部屋に住む住人にも子供が走り回る音は迷惑だと感じたので、昼食を食べるために出かけることにしました。ファーストフードで食事をした後、何をしようかと迷っていたら、甥っ子からアニメ映画を見たいと頼まれました。姉は普段からテレビや漫画は勉強に差し支えがあるという考え方らしく、家でもアニメを見る機会はないということです。

しかし甥っ子は友達がアニメを見ているのを羨ましそうに話すので、これはアニメ映画を見させてあげたいと自然に感じました。そこで森下幹人はショッピングモール内にある映画館に甥っ子を連れていくことにしましたが、アニメ映画であれば子供ばかりではないかと少し心配になりました。実際に館内に入ると、子供に付き添いで来ていた大人だけでなく、本当にアニメを見たくて訪れる大人も多いことがわかり少し驚きました。

しかし映画の上映が始まったら、甥っ子以上に森下幹人のほうがストーリーに入り込んでしまい、途中で涙が出たこともありました。終わった後は、日本のアニメが世界で評価される理由がわかったように感じました。