2016年12月21日水曜日

森下幹人は昔のホラー映画を見るのも好き

森下幹人は新しい映画だけではなく、昔の映画もよく見ているのですが、その昔の映画のジャンルでSFと共に好きなのがホラーです。

最近のホラー映画には、もちろん優れた内容のものもあるのですが、中にはCGに頼りすぎていたり、モンスターの姿がはっきり見えるとチャチに映るから、臨場感を出したいからと画面を妙にぶれさせたりして、昔の作品にあったワクワク感がなくなってしまっているものもあるように感じます。

森下幹人が昔のホラー映画が好きなのは、その時代によって作風の変化が楽しめるという点が大
きな理由となっています。例えば1930年代のモノクロ作品は、直接的な残酷描写ができないこともあり、画面の陰影にこだわって恐怖感を盛り上げようとする演出が多いです。1960年台になってくると、流血シーンを売りにした作品や、それまでのブードゥー教によって生み出されるゾンビではない、いわゆるモダンゾンビが登場する作品など、現在のホラー映画に通じる流れが登場してきます。さらに1970年代になってくると、特にアメリカでは世の中の暗い世相を反映してか、独特の暗い雰囲気が流れており、そこが逆に見ていて心地良く感じられる作品が数多く登場してきます。

ホラー映画と言うと、悪いイメージを抱く人も中にはいるようですが、森下幹人はそうは思いません。ホラー映画は恐怖に立ち向かう主人公を描く作品が多く、そういった作品は、どんな困難に陥ってもくじけずに、一生懸命頑張ろうという意欲を与えてくれるものだと思うからです。

2016年12月15日木曜日

森下幹人が選ぶ大人でも楽しめるアニメ映画!

森下幹人は今まで、流行の映画は欠かさずに見てきました。

流行で人気が出ているからには、それなりにストーリーも壮大でキャストも豪華です。

しかし、最後が何となく見えてしまい、見飽きてしまっている感じが否めなくなって来たので、アニメ映画を見るようになりました。

親が子どもに見せたくないという人も多い「クレヨンしんちゃん」ですが、大人でも感動することが出来る内容になっている映画も多いです。

「嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」は大人が子どもに戻ってしまうという大人が憧れるシチュエーションですが、子どもたちからしてみると堪ったものではありません。

しんちゃん率いる「かすかべ防衛隊」が大人を取り戻しに冒険に行く話で、森下幹人は不覚にも泣いてしまいました。

大人がいて子どもが入るという当たり前の世界を現実に考えた時に、さまざまなことを教えてくれる映画でした。

確かに大人からすると下品に感じるようなシーンもあると思いますが、子どもの素直な感情や言動が見られるのは良いことです。

真似させないようにするには、親の躾という腕の見せ所が必要になってきます。映画の中ではOKだったのに、現実では何故行けないのかということをクレヨンしんちゃんを見て、子どもに教えて、大人も一緒に成長する良い機会だと森下幹人は感じています。

映画の主題歌も心がほっこりとするものが多いので、映画館でエンドロールが流れても最後まで席を立ちません。そこまでが映画の楽しみだと思うので、森下幹人のこだわりの部分でもあります。

2016年12月9日金曜日

森下幹人は映画を見る環境にもこだわっている

森下幹人は映画が好きなので、視聴する環境にもこだわっています。
そのようにいってもさすがに何百万円をかけてホームシアターを設置するということはできませんから、できる範囲でのことしかできませんが、ヘッドホンにこだわってみたりあるいは椅子にこだわってみたりはしています。

映画好きとしてはホームシアターセットは憧れではありますが、凝り始めたらきりがありませんから、できるところで環境を整えるようにしています。
いいスピーカーを周囲に設置するのが一番なのですが、スピーカーの設置には特にお金がかかってしまいます。
ヘッドホンであれば少し良いものを用意しておけば、それだけで満足して視聴をすることができるので、まずはヘッドホンにこだわるようにしました。
次に快適に視聴をするには椅子が肝心ですから、これも少し奮発をして良いものを揃えています。
椅子は高くてもずっと使うことができるものですし、映画以外でも活用をすることができますから椅子に対する投資はそれほど負担ではありませんでした。

後はテレビを少し大きめなものにして、移りが良いものを選んでいます。
最近は大きくて綺麗な映像が映し出されるテレビを比較的安価で購入をすることができるので、映画好きの森下幹人にとってはありがたいことです。
本当の映画館さながらの設備にすることができれば良いのですが、今のところは予算の範囲でできる限り快適な環境を作ることにこだわるようにしています。

2016年12月5日月曜日

森下幹人は週末に映画館に通っています

森下幹人は映画を見ることが大好きだったので、学生の頃は頻繁に学割を利用して映画館を訪れていました。

学生の時はアルバイトをしていましたが、お金には余裕がなかったので学割制度はとてもありがたいものでした。社会人になってからは、当然のことながら学割制度は適用されませんが、働きだしたこともあって経済的に余裕が出るようになったので、週末はいつも見に行くようになりました。

森下幹人はあまり騒がしいところが好きではないのですが、週末の最終上映の時間になると人も少ないので、静かに見られるところが気に入っています。この前の週末には、一人でいつものように映画館で作品を見て、満足した気持ちで帰宅しようとしたところ、大学の時の映研サークルメンバーと偶然に再会しました。

彼は大学を卒業してから、もっと映画について勉強したいと言って周囲の反対を押し切って渡米をしました。まだアメリカで勉強していると思い込んでいたので驚きましたが、久しぶりの再会だったので喜びもひとしおでした。近況を報告しあったところ、彼はアメリカで別のことに興味を持ったので日本に帰国することになったというものでした。それは何かと尋ねると、日本料理の素晴らしさにアメリカで気づいたということでした。

彼は少し人と感性が違ったところがあると以前から感じていましたが、想像もしないことを言い出したので、彼らしいと嬉しくなりました。今は日本料理店で修行をしながら、森下幹人と同じように週末になると映画を見に来ているということでした。

2016年11月30日水曜日

森下幹人は映画のパンフレットを集めています

森下幹人が小さい頃は、映画を見たことがありませんでした。

両親はエンターテイメントにはあまり興味がなく、家でもテレビをつけることがほとんどなかったので、映画を見に行く機会もありませんでした。

初めて森下幹人が映画を見たのは、大学生の時でした。大学生の時にゼミを担当していた教授が、インドのある企業との商品開発に協力をしており、そのお礼としてインドから輸入されてきた映画のチケットをたくさんもらったからといって配ってくれました。そのインドの企業がスポンサーとなっている作品だったようで、日本でもさいきん人気が出ている作品だから友達と見に行ったらどうかと2枚のチケットを貰いました。

森下幹人は当時は付き合っている恋人がいなかったので、悲しくも男性の友人と一緒に見に行くことにしました。座席がフリーになっているチケットだったので、好きなところに座ることができました。しかし映画館に入って、スクリーンの大きさにびっくりしました。今までテレビなどでスクリーンや座席の配置などを見たことはありましたが、実際に直で見るのは初めてだったので少し圧倒されたような気持ちなりました。

気分が高揚していましたが、作品が上映されるとさらに感動の嵐でした。インドのイメージが覆され、作品の余韻に浸りたくて帰りにパンフレットまで購入しました。それがきっかけになって、今では見た作品のパンフレットは必ず購入、自宅に収集して楽しんでいます。

2016年11月25日金曜日

森下幹人は韓国映画を楽しんでいます

森下幹人は今までドラマや映画をあまり見ないタイプで、もっぱら漫画に夢中になっていました。

そんなとき、大好きな漫画を原作にした映画が公開されるということを知り、見にいくことにしました。その映画は韓国映画でしたが、映画通の友人からは韓国の作品はかなり面白いものが多いという批評を聞いていたので、楽しみにしていました。

実際に上映が始まると、漫画の世界観を損なうことなく再現していたので驚きました。今まで実写化されてがっかりさせられる作品が多かったのですが、韓国作品は俳優や女優の演技も素晴らしく、容姿も漫画の世界観そのままだったので圧倒されました。森下幹人はそれからは韓国について興味を持つようになり、漫画が原作になっているものだけでなく、オリジナルの作品も見るようになりました。

日本作品よりも情緒的な作品が多く、色彩が綺麗であり、さらに演技力の高い俳優が多いと考えています。レンタルショップに行くと韓国作品が沢山並んでいるので、上映期間に間に合わなかったものはDVDを借りています。森下幹人と同じように韓国作品を面白いと感じる人は多いようで、見たいので借りたいと考えていた作品がすでに他の人に借りられていることが多いように感じます。

日本と韓国は政治的な葛藤が多いので、関係がぎくしゃくしがちですが、隣国なので文化をお互いが楽しみながら協力していくことができればいいのにと願っています。文化の懸け橋になるために森下幹人も協力したいです。

2016年11月21日月曜日

森下幹人は映画に投資をしています

森下幹人が大学生だったとき、同じゼミに映画監督を目指している友人がいました。その友人は大学には籍を置いているだけでほとんど講義には出ず、映画研究会というサークルの部室に入り浸る毎日をおくっていました。

森下幹人は夢を追っている姿が格好いいとひそかに尊敬の念を抱いていましたが、ある時、エキストラとして作品に出てくれないかと誘われました。通行人の役ということで顔も映らないぐらいのエキストラだったので、快く引き受けました。

森下幹人も映画を見ることが大好きで、作品を撮影するときの様子について知りたいという興味を持っていたからです。華やかな世界だろうと思い込んでいましたが、実際の撮影現場では怒号が飛び交っているので驚きました。撮影に使用するカメラにはガムテープが貼られていて、監督が座る椅子もボロボロです。

後から友人から話を聞くと、映画を撮影するには莫大な費用が必要になるけれど、資金が不足しているのでボランティアで活動している人も多いと教えてくれました。出来上がった作品は、素人が作ったとは思えないくらい素晴らしいものでしたが、資金がもっとあればさらに良い作品になったと想像できるところもありました。夢を実現するためにはお金がかかることを身をもって体験することになりました。

それから森下幹人も社会人になって経済的に余裕がでてきたので、映画製作に資金が足りないので支援者になってほしいという話をきいたときは、投資をするようにしています。