2016年11月21日月曜日

森下幹人は映画に投資をしています

森下幹人が大学生だったとき、同じゼミに映画監督を目指している友人がいました。その友人は大学には籍を置いているだけでほとんど講義には出ず、映画研究会というサークルの部室に入り浸る毎日をおくっていました。

森下幹人は夢を追っている姿が格好いいとひそかに尊敬の念を抱いていましたが、ある時、エキストラとして作品に出てくれないかと誘われました。通行人の役ということで顔も映らないぐらいのエキストラだったので、快く引き受けました。

森下幹人も映画を見ることが大好きで、作品を撮影するときの様子について知りたいという興味を持っていたからです。華やかな世界だろうと思い込んでいましたが、実際の撮影現場では怒号が飛び交っているので驚きました。撮影に使用するカメラにはガムテープが貼られていて、監督が座る椅子もボロボロです。

後から友人から話を聞くと、映画を撮影するには莫大な費用が必要になるけれど、資金が不足しているのでボランティアで活動している人も多いと教えてくれました。出来上がった作品は、素人が作ったとは思えないくらい素晴らしいものでしたが、資金がもっとあればさらに良い作品になったと想像できるところもありました。夢を実現するためにはお金がかかることを身をもって体験することになりました。

それから森下幹人も社会人になって経済的に余裕がでてきたので、映画製作に資金が足りないので支援者になってほしいという話をきいたときは、投資をするようにしています。

2016年11月16日水曜日

森下幹人は昔のSF映画を見るのが好き

森下幹人は基本的にあらゆる映画が好きなのですが、昔のSF作品を見るのも好きです。
作品によってはすでに未来の話が過去の話になってしまっていることもあったりするのですが、そこが当時の人の思い描く未来像を知ることができて楽しかったりします。
昔の人からすればまるで夢の世界の出来事だったようなものが今ではすでに実用化されていたりすることもありますし、あるいはその逆に昔の映画作品の中ではすでに実現されているはずのものが、実用化されていなかったりして科学の進歩具合をSF作品を通じて眺めるのが好きだったりします。

明らかに実現不可能だろうと思われるものを未来では大流行していたりするのは微笑ましく思えたりしますし、逆に殆どのものが実用化されたりしていると、先見の明がある監督が作ったのだなと感心してしまったりします。
中には進歩しすぎてしまってSF作品を超えるものが今の時代ではすでに実用化されていたりするので、そのようなところに着目しながら作品を見ると面白かったりします。

最近の作品というのはある程度将来を予測できてしまう部分がありますから、一昔前の作品のようにあまりに現実離れした内容にすることができないのは、製作者側にとっても大変なところなのだろうなと感じるところがあります。
森下幹人は最近の映画も好きですが、SF作品に関しては当時の人の想像力を垣間見ることができるので、一昔前の作品のほうが面白いように感じます。

2016年11月11日金曜日

森下幹人が考える優れている映画とは

森下幹人は映画をよく見ますが、同時に多くの人の評論にも目を通します。こうすることによって、自分以外の視点から、改めて作品を捉え直すことができるからです。また、複数の意見の中から、本質というものを探り出すことも可能です。そのようなことを続けて発見したのは、優れた映画とは、同時に大きなものが入る器でもあるということです。

たとえば、2016年にヒットした邦画に、「君の名は」と「シン・ゴジラ」があります。どちらも名作というに相応しいものでいしたが、興味深いのは、1つの映画であるのに、まるで違う意見が噴出したことです。たとえば、「君の名は」はジブリ映画に迫る空前の大ヒットとなりましたが、著名な文化人からは嫌悪する向きもありました。多かったは、恋愛にいたる描写にリアリティがないというものです。しかしそれは、あくまで個人の恋愛観に基づくものでしかありません。結果的には、高い認識を示しているようで、実は遍歴の暴露でしかなかったのです。「シン・ゴジラ」にいたってはさらに顕著です。米軍が爆撃するシーンを見て、政権礼賛だ、いや批判だと、真っ向から対立する声が出てきたのです。

結局、様々な意見を出る分だけ、どちらも懐の広い作品だったということでしょう。森下幹人は、評論家の声なども含めて、リアルタイムで見ることができたことを、感謝しています。これからも制作陣には、周囲の意見に流されることなく、優れたものを世に出していただきたいものです。そうすればまた、映画を鑑賞する楽しむが増えるからです。

2016年11月7日月曜日

森下幹人は映画祭のイベントに参加しました

森下幹人は映画好きな両親の影響で、小さい頃から沢山の映画に親しんできました。大人になってからは、自分の好きなジャンルだけでなく、今までは見る機会がなかったジャンルや中東作品なども好んで見るようになりました。それぞれの国の特徴があり、驚きと新鮮さが楽しめるので、映画というものは奥深いものだと毎回、驚かされます。先日は、東京で開催された映画祭のイベントに参加しました。森下幹人は、作品を見ることは好きですが、出演している俳優や女優にはそれほど興味がありませんでした。しかしイベントでは、気に入った作品に出演した俳優に、直に質問をするコーナーがあったり、俳優から撮影時の裏話も聞くことができるとわかったので、参加したいと考えました。ただ森下幹人と同じように、イベントに参加したいと考えているファンはかなり多かったようで、イベントのチケットは発売と同時に売り切れるくらいでした。森下幹人も必ずチケットを手に入れたくて、前日から並んでいたこともあり無事に購入することができました。イベントで座った席が前列だったこともあり、俳優との距離がとても近くてラッキーでした。実物で見る俳優は、スクリーンで見るよりも背が高くて格好良く、同じ同性でありながら、女性が騒ぐ気持ちも納得できると感じました。見た目が格好良いのに、性格はとても穏やかで、受け答えもとてもしっかりしたものだったので、イベントが終わる頃には森下幹人もファンになっていました。

2016年11月1日火曜日

森下幹人が映画に求める娯楽性とは

小さな子供からお年寄りまでさまざまな年齢層の男女たちの間で、圧倒的な人気を得ている娯楽が映画です。体が不自由な人でも好きな映画を自宅や施設で楽しむことができます。最近では、シリアスなドキュメンタリーや複雑なミステリー、コメディや恋愛ロマンスなど、あらゆる系統の映画が世界中で公開されています。自分の好みの分野を自由に選んで思いきり満喫できると親しまれているのです。

森下幹人は、大の映画好きとして知られています。自宅で鑑賞する際には、邪魔が入らないように携帯電話の電源を切ったり、ドアチャイムの音も最小にするなど工夫をしながら真剣に作品と向き合っています。ストーリーを頭に叩き込んでどっぷりとその世界に浸るために準備を欠かさない森下幹人は、多くのファンたちの間でも尊敬されているのです。

彼が映画に求めている娯楽性としては、見ているだけで心臓がドキドキするほど緊張したり、心からの笑顔にさせてくれるなど大きな影響を与えてくれることをいいます。普段の自分とは違う新しい発見をするためにも、数多くの作品を鑑賞しているのです。

このように、森下幹人は自ら幅広いジャンルに挑戦することで、より多くの作品との出会いを堪能し
ています。小さな頃から大好きだった娯楽の王様として尊敬の念を抱いているのです。これからも楽しみながら自分の教養を高めてくれる存在として欠かせないものとなっていきます。多くの人々からの満足度や人気は非常に高いのです。

2016年10月27日木曜日

森下幹人の好きな映画はやっぱりジブリ

森下幹人は映画をよく見るのですが、その中での欠かせないのがやはりジブリ映画です。子供のころにとなりのトトロを見て強い印象を受け、自分で映画館に行けるようになってからは、ジブリ映画が放映されると必ず見に行くようにしています。最近ではテレビでも再放送されたりと話題になっていますが、これも必ず見るようにしています。

ジブリ映画の魅力はやはり独特の世界観だといえます。となりのトトロでは日本の田舎の風景がみごとにえがかれていますよね。そのほかの作品でも古き良きヨーロッパの街並みや、海辺の町、太古の世界など、このような舞台を取り入れることによって、神秘的で壮大な物語に説得力が生まれると感じます。

そしてやはり主人公ですよね。ジブリの場合には、元気な女の子が活躍するのが特徴といえます。無邪気で明るく元気な女の子たちの姿を見ているだけで、私もいやされていきます。そして個性的なキャラクターも毎回登場しています。特に30歳以上の女性が多く、個性的なおばあちゃんもよく登場していますよね。これらの中には監督のお母さんの姿も反映されているということで、このことを聞いてからは、個性的なおばあちゃんが登場すると、私も母親のことを思い出してしまいます。
様々な事件が多いこの世の中ですが、ジブリの世界の中では夢があふれていて、毎回その場所に行ってみたいと思える空想の世界が、森下幹人には大きな魅力といえます。これからも素敵な作品を見せてほしいものですね。

2016年10月22日土曜日

森下幹人は映画館でポップコーンを食べる

両親が共働きだったこともあり、小学生になると森下幹人は姉と家で留守番ができるようになりました。日曜日は両親も仕事が休みになることが多かったのですが、半年に一度くらいは姉と一緒に留守番をしていました。姉とは年齢差がそれほどありませんでしたが、責任感が強く年齢よりもしっかりした性格でした。そのためご飯の用意もしてくれましたし、宿題なども教えてくれる頼りになる姉でした。ある時、留守番をしていて家にいることが暇でしょうがなかったので、姉にどこかに行きたいと訴えると、姉はそれなら映画館に行こうかと誘ってくれました。夏休み前だったので、子ども向けの映画が沢山公開されていて、そのうちの1作品をみようということになりました。森下幹人は映画館に行ったことがなかったのでとても興奮していました。実際に席についてからも落ち着かずに周囲を見回したりしていましたが、姉がそのときポップコーンと炭酸水を購入してくれました。家では炭酸水を飲むことを禁止されていたので、とても嬉しく感じましたし、映画館という特別な場所で食べることに姉と秘密を共有しているという不思議な気持ちを抱きました。面白い作品で思いっきり笑いながら、ポップコーンと炭酸水を飲食することで楽しい時間を過ごすことができました。そのときの印象が強く残っているせいか、森下幹人は大人になった今でも映画館に行くとポップコーンと炭酸水を購入します。大人の多くがコーヒーなどを注文する中で、森下幹人は炭酸水とポップコーンの組み合わせにこだわっています。